ネットショップにSSLをインストールする

レンタルサーバーの引越し写真
レンタルサーバーの選び方
SuiteX 超おすすめの中小企業向けレンタルサーバー(なんと100%可動保証です)
                                  SSLのことはかなり昔から知っていました。 でもどうしても利用する気にならなかったんですね。 かなり高いんです。 一度レンタルサーバーで、共用のSSLが安く使えるのを知って試してはみたんですが注文段階になって 他社の名前が突然でてくるとなんだかお客さんにいらぬ心配させるような気がして使う気になれませんでした。 そうなると独自SSLを使うしかないわけですが、10万円ぐらいかかるイメージがありました。 実際問題、一般の人はSSLなんて言葉はまだほとんど知らないわけで、そうまでして業者を儲けさせる必要も ないんじゃないかと。。。。 しかし、先日教育番組でネット通販での買い物のしかたを実演していたんですが、 『ブラウザーに鍵のマークが出ているか確認してください』と言っているのを見て、いよいよ潮時だと思った わけです。 今回サーバーを引っ越す決断に迫られ、レンタルサーバーのことを徹底的に調べていくうちにSSLのことも 少しずつわかってきました。 まずレンタルサーバーに関してはNTTPCのSuiteX(スイートエックス)これ以外考えられません。 SuiteX もちろん安いサーバーはいくらでもあるでしょう。 でもホームページで生活しているものにとってサーバーの安定感は生命線です。 安定したサーバーなら月5000円ぐらい出してもちっとも惜しくはないのですがそれが1980円/月で借りれる というのだからこれ以上の話はないでしょう。 繰り返しますが、NTTPCのサーバーがこの値段なんです。 ついでに最近流行のマルチドメインも10個まで使える。 チャレンジ精神旺盛のショップオーナーにはうれしい話です。 詳しいことは別ページのいったいどのこレンタルサーバーを使えばいいんだ??に書いてますから 参考にしてくださいね。 さてさて、いよいよSSLのお話。 まず基本的には2つのサービスがありますね。 ひとつはお客さんとの通信を暗号化して他の人が見れなくするもので普通SSLと言えばこのことです。 申請すればすぐに使えます。 もうひとつは企業実在証明と言われるもので その会社が本当に存在するものであることを証明するものです。 最近増えている‘’なりすまし‘’を防ぐ目的があるのでしょうね。 申請するのにダンナンバーとか登記簿謄本のコピーとか必要になります。 オンラインショップを経営するなら、できればこの2つのサービスを受けたいところでしょう。 そこで問題となるのが値段とどこの会社にするかということです。 最大手はVerisign(ベリサイン)。 ここの証明書を入手すればそれで話は終わりですが、とにかく高い! 零細中小企業にはかなりの負担になります。ただベリサインの名前をSSLの一流ブランドだと知っている 日本のお客さんは少ないのではないでしょうか。 それと非常に興味深いグラフがあります。 SSL市場占有率グラフ これをみるとベリサイン(水色)のシェアが大きく下がってきているのがわかります。 そして黄緑(おそらくグローバルサイン)赤のジオトラストが逆転しようとしています。 おそらく市場はベリサインのブランドよりももっと安いもので充分だと判断したということだろうと思います。 日本では最近GMOのグローバルサインが活発ですが私の個人的なお勧めはジオトラストです。 SSLは余裕があればNTTPCにすべて任せて取得から設置までしてもらうのも方法ですが、 ネットで探せばずいぶん安いところがありますのでSSLだけ自分で購入して持ち込むのが零細企業の英知です。 私の場合、NTTPCのSuiteXを使い、ジオトラストの企業認証付SSLをインストールまでしてもらい 月額4000円ぐらいまでコストダウンできました。 値段が下がって機能充実、信頼感アップはうれしい限りです。
100%稼動保証のレンタルサーバー WebARENAのSuiteX
激安レンタルサーバー